「院内保育」なら目の届く場所に預けられるから安心

院内保育を利用して看護師として働くお子さんがいる主婦が看護師として働く際に、頭を抱えてしまうのは、「お子さんの預け先」ではないでしょうか。預けると一言で言っても、適当な所に大事な子供を預けることは出来ません。きちんとした、信頼できる預け先を見つけることは大変なことです。

 

そんな時、勤務している病院内に子どもを預かってくれる施設が設置されていると非常に助かります。すぐ目が届くというのが最大のメリットであり、料金も比較的安いです。更に24時間預かってくれることもあり、夜勤勤務の方の強い味方となってくれます。

一方、施設内の子どもたちは同僚の子どものため、気を使うことがあったり、預かってくれるスタッフは同じ病院内のスタッフのため、なかなか意見を言い辛いと言ったデメリットもあります。

「院内保育」の良い点

すぐに子どもの様子を見ることができる

特に小さなお子さんを預ける場合には、同じ施設内に子どもがいるというのは安心できます。

比較的利用料金が安い

外部の託児所や保育園に預けるよりも、ずっと料金が安いことがあります。

24時間体制の場合もあり、夜勤も可能

短い時間でまとまった収入を得るために夜勤を選ばれる方の強い味方となってくれます。

「院内保育」の問題点

周りの子どもは同僚の子ども

自分の子供以外に預かっている子どもは、同じ病院内の子どもになります。子ども同士が揉めることは良くあることで、それが親の揉め事の原因になってしまうことがあります。

預かってくれるスタッフに発言しづらい

院内保育のスタッフは同じ病院の同僚と言うことになります。病院勤務している限り付き合いをしていくこととなります。そのため、何か問題があっても言いたいことがなかなか言えないと言ったことがあります。

安心して院内保育に子どもを預け、自分も安心して仕事を出来るようにするためには、『スタッフの人間関係と院内保育の制度』の詳細を知る必要があります。しかし求人誌を見ただけでは、詳細な情報を得ることは出来ませんし、直接病院に問い合わせてもマイナスなことは言いません。