介護施設で看護師として働く一般的な介護施設では宿泊設備がないため、決められた時間に始まり、決められた時間に終わる規則正しい勤務を行うことができます。

また、施設や利用者によっては、アルバイトとして短い時間だけ勤務する事もできます。

こういった環境であるため、介護施設での看護師の仕事は比較的人気の集まりやすいと言えます。

 

 

「介護施設」の良い点

規則正しい生活が送りやすい

夜勤があるわけではありません。デイサービスの場合、朝、利用者が集まり、夕方になれば帰宅します。そのため、その時間に合わせて勤務するため、生活のリズムを崩さずに生活をすることができます。

比較的体調の良い方が利用している

比較的、体調面で問題のない方が利用しているため、難しい処置を行うことがありません。それに伴い、最低限の看護のみをすれば良いことも多いため、短時間(アルバイト)での勤務を行うことも多々あります。

「介護施設」の悪い点

仕事内容が病院と異なる

病院での仕事内容とは大きく異なってきます。設備も整っているわけではないため、看護師の技量や判断力が特に重要になってきます。

介護と看護の違い

介護職員との考え方の違いが生まれることがあります。そのため介護職員との意思の疎通が重要になってきます。

介護施設の場合、介護の専門家は周りに沢山いますが、看護の専門家は少数となります。場合によってはあなた1人と言うこともあります。そのため、看護経験が豊富であることが重要となります。また、介護職員とのコミュニケーションを円滑に取る必要があります。つまり人間関係が重要となってくるのです。

需要が高まる介護施設勤務

samaritan-1246021-1279x1705高齢化社会に伴い、介護施設での看護師の需要は年々高まっています。介護施設の利用者であるお年寄りにとっても、看護師が身近にいてくれるので安心して施設を利用することができます。また、利用者の家族からしても同じことが言えるでしょう。

フルタイムでの勤務もありますが、アルバイトなどの自由度の高い勤務形態を採用している所も多いのが特徴です。

このことから、子育て中のお母さん看護師には人気の職場となっています。また、育休や産休を取り長くブランクが空いていた方が、将来的に現場復帰をするための第一ステップとして、介護施設を選ぶ方もいます。

病院とは違った空間であることを認識する

-shared-img-thumb-HOTEL86_washitunoocya20150124135505_TP_V気を付けてもらいたいことは、「病院での勤務内容と、介護施設での勤務内容は異なったものである」ということです。

つまり、病院での経験が長いからと言って介護施設で同じように仕事ができるかというと、案外そうでなかったりするのです。

例えば、病院の場合は、医師、看護師長、複数の同僚がいて働きます。しかし介護施設の場合、一人で仕事をすることが多いです。

また、病院では「治療が目的」ですが、介護施設の場合は「利用者の円滑な生活」が目的となります。目的が異なってくるのです。

その辺りの考えをしっかりと受け止めないと、違和感だけを感じ続け仕事がしにくくなることでしょう。

ゆったりとした時間を楽しむことができる

-shared-img-thumb-PAKU151219070I9A0922_TP_V介護施設も色々ありますが、場所によっては、お年寄りたちとゆったりとした時間を過ごすことができます。

そのため、病院勤務の時には、せわしなく働いていたことがウソのように感じる方もいるでしょう。

もし、緊急のトラブルが発生したときには、率先して看護を行うわけですが、基本的には外部の病院へ搬送することがほとんどです。

このようなこともあり、せわしなく動き回ることが少ないというのも、介護施設で働くメリットです。