20どうも!
主婦をしながら看護師として病院勤務しているのミーコです。

今回は、「どのようにしたら勤務しやすい病院が見つけられるのか?」と言うことをお話したいと思います。

看護師を長く続けるコツ」でもお話しましたが、私は初めて勤務した病院では、過酷な労働だったため退職。次の病院では人間関係が上手くいかず退職。本当に不運続きだったと思います。

そんな私でも、3つ目の病院でやっと働きやすい職場を見つけることができました。まさに3度目の正直。勿論小さな不満はいくつかありますが、以前の職場に比べたら、比べ物にならないくらい働きやすいです。病院が違うだけで、こんなにも違うものかと驚くほどです。

では、どのようにして自分にあった病院を見つけることができたのかをお話したいと思います。


●このページの目次


自分の中で優先順位を考えた

自分の中で優先順位を考えた2つの病院を退職し、次の転職先を探している間、勤務する上での条件に優先順位を付けるところから始めました。つまり仕事をする上での「希望」ですね。

既に2つの病院での勤務経験があったので、病院で働くということはどういったことなのか把握していました。その上で、「これだけは条件としてあってほしい」というものから「できればあった方がいいな」というものまで、どんどん上げていきました。

私の提示した条件は次の通りです。

良好な人間関係
通勤時間が1時間以内(できれば30分)
給与が高め
有給休暇が取れる
残業が少ない
残業手当が付く
日勤
定期的な休みがある

もう何年も前の話なので確かではありませんが、こんな感じの内容だったと思います。完全に好き勝手に希望を挙げました。

良質な人間関係

病院内での良好な人間関係まず、「良好な人間関係」ですが、こればっかりは勤務してみないと分からないと思います。本当は私が一番重要視したい事項なのですが、仕方がありません。

※実はそう思っていたのですが、転職するときに利用した看護師求人サイトのスタッフが人間関係の良好な病院を見つけて来てくれました。詳しくは後でお話します。

通勤時間が1時間以内

通勤時間が1時間以内次に「通勤時間が1時間以内(できれば30分)」ですが、この当時は独身だったため、特に大きなこだわりがありませんでした。

もし当時住んでいた家から遠くなるようでしたら、引っ越せばいいという考えだったためです。

給与が高め

給与が高め次に「給与が高め」ですが、働くからには給与が低いより高い方が良いというのは当たり前だと思います。

多少の問題があっても、「給与が高いから」という理由で我慢することができますからね。

有給休暇が取れる

有給休暇が取れる「有給休暇が取れる」って当たり前だと思っていませんか?実は有給が自由に取れない病院って結構あると思います。

私がそうでした。冠婚葬祭であったとしても、愚痴を言われたことを記憶しています。冠婚葬祭でさえそれですので、自由に休みを取ることは非常に難しいことでした。

残業が少ない

残業が少ないそして、「残業が少ない」ということ。多少の残業は仕方がないと思います。ただ、「遅くまで仕事をしていればえらい」という風潮がある病院は事実としてあります。

百歩譲って、残業代が付くのであれば多少我慢することができますが、残業代の付かない病院ほど、残業させられることがあります。無理やり帰ることは出来るのかもしれませんが、後日何を言われるか分かりません。

日勤勤務

定期的な休みがある勤める病院によって勤務体系は違います。2交代であったり3交代であったり。「日勤」であったり夜勤であったり。通常、夜勤の方が夜勤手当が付くので金銭的には良いのですが、やはり、朝起きて夜寝るという生活をしたいと思っていました。

実は夜勤をしていたことがあったのですが、生活リズムが崩れ体調を崩したことがあり、そういったこともあり日勤にこだわりました。

定期的な休みがある

Conceptual sign of sucess in business and life最後に「定期的な休み」です。例えば、勤める病院が個人が開業している場合では、日曜は休みの場合がほとんどです。なので、必ず定期亭なお休みがあります。しかし入院施設のある病院の場合、入院している患者さんがいるため土日は関係ありません。

そこでシフトを組むわけですが、その組み方が上手くないと、不規則な勤務になる可能性があります。こういった場合も、体調的に長く続けられないと思い避けたいと思いました。


以上のように、看護師に限らずその他の仕事をしている方からしてみれば「何言ってんだ!仕事はそんな甘いものじゃない!」と言われそうですが、希望は希望。「もしかしたらこれらの条件をクリアできる病院があるのかもしれない」。そう思い、探してみることにしました。

看護師は不足している

看護師は不足している病院に勤務していた時も話には聞いていたし実感していたのですが、新たな勤務地を探していてやはり「看護師は不足している」のだと実感しました。看護師の求人募集がかなり見つかるのです。つまりこれが意味することは「私のように条件を付けたとしても就職先が見つかる可能性がある」ということです。

病院にとって看護師はなくてはならない存在です。ただでさえきつい仕事なのに、少ないメンバーで業務を回すのは困難です。なので、一生懸命探すと「高待遇」の病院はかなりの数、見つかりました

特に私のおススメとしてはインターネットの看護師求人サイトです。そこに登録をしておくだけで、自分の希望する条件に当てはまる病院を探し出してくれるのです。そこで、なるべく条件の良い病院を探したかったため、そして登録が無料だったため、複数の看護師求人サイトに登録することにしました。実はこっちのサイトには登録されている病院が、向こうのサイトには登録されていないということがあったためです。

何よりも、求人サイトのスタッフが手厚くサポートしてくれ、こちらの希望を伝えると、ほぼ希望通りの求人を見つけて来てくれたのには驚きました。(※常識の範囲内の希望ですが・・・)

その他にも、看護学校時代の友達に病院の噂を聞いて回りました。私が最も重要視したかった条件の「人間関係」。この情報を持っている可能性があったためです。数人の友達に聞いて回った結果、あくまでも噂ではありますが、情報を集めることができました。そこで集まった情報と、インターネットで探した情報を元に、いくつかの候補を挙げました。

結局今勤めている病院は、求人サイトのスタッフが探してきてくれた病院です。