お子さんとの時間を大切にしながら働く

「小学生以下」のお子さんを持つ看護師さんへお子さんが小学生以下(未就学)の場合、子どもを預けていないと看護師として仕事をすることはなかなか大変なことだと思います。

まず、「子どもをどうするのか?」と言うのを優先的に考える必要があるでしょう。

子どもは預けることになると思いますが、現在ではその預け先も多種多様です。子どもを預ける場所として考えられるのは「知人」「」「保育園」「託児所」「病院に設置されている託児所」あたりかと思います。

これらどれを選んだとしてもメリット・デメリットがありますが、利用される方の状況にもよりますので、一概にどれがおススメと言うことが言えません。あなたの状況に一番合った方法を選びましょう。

一般的には家事や育児をしながら看護師として働くのであれば、次の3つの勤務形態がおススメです。

お子さんが「小学生以下」の看護師さんにおススメしたい勤務体型

院内保育

「院内保育」を利用すれば、すぐに子供の所へ行くことができます。周りに迷惑をかけずに子供を預けられるのがメリットです。しかし院内保育を設けいているのは大きな病院がほとんどです。そのため就職する機会が他の場所に比べ少なくなるのがデメリットです。

短時間勤務

「短時間勤務」を利用すれば、ある程度時間の自由が効くようになります。どこかに子供を預けるとしても短い時間で済みますし、子供の送り迎えも自分ですることができるのがメリットです。デメリットとしては、短時間勤務を採用していない病院があるので、採用の枠が少なくなってしまうことです。

アルバイト

「アルバイト」という形態で仕事をすれば、短時間勤務よりもさらに、時間を自由に使うことができます。更に、働く曜日もある程度都合を付けることがメリットです。デメリットは、やはり収入がそこまで大きくならないことでしょう。

お子さんを預ける方法は色々 ベストな選択を!

知人に預ける

日勤や夜勤として働くのであれば勤務時間が長くなりますので、知り合いに子どもを預けるのはおススメできません。

初めのうちは預かってくれるかもしれません。しかし自分の子供以外を見るというのは非常にストレスになります。もし万が一、けがをさせてしまった場合には、責任を取りきれないでしょう。知人との関係が崩れてしまいかねないので、避けたほうが良いでしょう。

親に預ける

同居していたり、近くに住んでいるのであれば、親に子供を預かってもらった方が良いでしょう。何よりもお金がかかるわけではないのですし、他人に預けるよりも信頼できます。

保育園を利用する

遅い時間まで預かってくれる保育園があります。そのため日勤で働く場合には子どもを預けられるでしょう。

託児所を利用する

特に夜勤で働くのであれば、託児所に預ける方法が考えられます。託児所にも色々ありますが、一般的な託児所の場合、かなりまとまった金額が必要となるのがネックです。

託児所(病院)を利用する

勤務している病院に託児所が設置されているのであれば、そこに預けるのが良い方法でしょう。時折顔を見ることができます。但し、他の看護師の子どもと一緒になるので、そこで問題が起こった場合には、親同士の問題に発展しかねないので注意です。

小学生以下のお子さんを育てている看護師の方へ子育てはとても大変ですよね。そんな中、仕事をされるのはもっと大変な事と思います。それでも仕事をすることで、子供にもっと良い生活環境を与えることができるでしょう。

ただし仕事をし過ぎては、子供と接する時間が減ってしまうのも事実。

そのため、適度に仕事をし収入を増やし、残った時間で子供との楽しい時間を過ごせると良いのではないでしょうか。

子供の成長はとても早いです。子どもに辛い思いをさせないためにも、余裕を持った生活環境を整えられると良いと思います。