家事や子育てに時間をかけたいから「短時間勤務」の求人を選ぶ

短時間勤務で看護師として働く忙しい家事や育児の合間を縫って、少しの時間でも働きたいと思われている方もいるかと思います。

 

そんな方には「短時間勤務」をおススメします。看護師不足の現在、少しの時間でも勤務をお願いしたいと思っている病院は多いのです。

 

「短時間勤務」の良い点

家事・育児との両立がしやすい

「空いた時間」に仕事をするというスタンスのため、家事や育児の時間を確保しやすいです。時間に融通が利くため、親の介護をしながらでも働きやすいです。

ブランクを埋められる

出産前後は働くことができません。長い休みの後に、急に完全復帰を不安視される方もいます。短時間勤務で徐々に勘を取り戻していくことができます。

子供との時間を長く取れる

子どもの成長は早く、成長の過程を目の当たりにしていくことはかけがえのないものです。また子どもが小さければ小さいほど、親と過ごす時間は大切なものであり、成長してからの人格にも影響してきます。

「短時間勤務」の悪い点

重要な仕事は回されにくい

長い時間勤務するわけではないため、重要な仕事は回されにくい傾向にあります。

人間関係が作りにくい

周りの看護師さんとの関わるのが短い勤務時間のため、交流を深めにくい。そのため人間関係の構築に時間がかかることがあります。

短時間勤務を利用される方の目的は様々だとは思いますが、短時間勤務を導入したことにより、離職率が改善されたというデータがあるほど、魅力的な制度です。魅力的な反面、人間関係作りには苦労される可能性も否定できません。

「短時間勤務が設置されている病院はどこにあるのか」、そして、「短時間勤務でも働きやすい職場なのか」といった情報を正確に集める必要があります。